【テレビ出演】明日(11月22日)のNHK「日曜討論」に出演:パリ同時テロについて

明日、11月22日のNHK「日曜討論(朝9:00〜10:00)」に出演します(ラジオ第一でもやっています)。

テーマはパリ同時テロ事件です。テロ事件そのものの分析と、政治・外交・安全保障上の影響・波及など。

実質的な議論ができそうで楽しみにしています。

日曜討論2015年11月22日

日曜討論には過去、思い出せるだけでも3回ほど出演の打診がありましたが(最近ではシリア日本人人質事件など)、毎回海外出張と重なっていて出演できませんでした。出張費用節約のため、自分で計画する調査では変更不能のチケットを買っていますので、直前に言われても変えられなかったからです。現地からスカイプで参加したっていいと思うんですが、同じ時間に東京のスタジオにいられる人だけで話し合わないといけないんですね。国際問題を論じるための出演者を集めるには現実的ではない条件だと思うのですが。

今回も実は、日曜朝にインドネシアに向けて出発する予定だったのですが、今回は招聘元の財団のご厚意により、チケットを変更していただくことができました。関係者の皆様に御礼申し上げます。

その代わり、私は出演の後、乗り継ぎ深夜便で行って朝に現地に到着してそのまま会議で英語で発表、という未知のゾーンに入りますが。私は帰国子女ではないので、英語発表への準備と労力は数十倍かかります。そういった代償を払っての出演であるということはここに記しておきたい。

ご一緒するのは西欧育ちのEU研究者の吉田徹さん(北海道大学教授)など。

吉田さんとは最近北大のシンポジウムでお会いすることができましたが、考えてみると、私が文章を書き始めた最初の頃に寄稿した『日本はどう報じられているか』(新潮新書、2004年)でご一緒していました(当時は顔合わせすることはありませんでした)。編者の石澤靖治先生、ありがとうございました。

この本は、地域研究者が各国の日本報道について記したもので、かなり評判が良く、隠れたロングセラーでした。

この頃、私はアジア経済研究所、吉田さんは日本貿易振興機構に勤めていました(この二つは当時すでに特殊法人統合で一つの組織になっていましたが、実態としては所在地も遠く、机を並べていたわけではありません)。二人ともまもなく大学に出てしまいましたが。

(あんまりこういうことを書くべきではないのでしょうが、もう中堅以上の研究者になっている吉田さんですからもういいと思いますが、吉田さんのご尊父は、かつて、某深夜討論番組華やかなりし頃の、常連出演者だった方なんですよね。結構印象深い論客として、名前を出せば覚えている方もいるのではないでしょうか。私はご尊父の書いた国連と広報に関する中公新書も読んでいました。「討論番組」となると血が騒いで普段の洗練された政治学者の仮面をかなぐり捨てて論破してきたりしたらどうしよう)

イスラーム法学の政治・軍事に関する規定の入門書(2)

ジハード主義者はどんなものをイメージしてジハードをやるのか。

それはもう、これに決まってます。イブン・イスハークの預言者ムハンマド伝。ハディースに基づき、預言者ムハンマドの生涯を物語った正統的なムハンマド伝です。ムハンマドの生涯がジハードの連続であったことが分かります。

イスラーム法学の解釈とは、コーランの章句を、預言者ムハンマドが実際にどういう場面で神から伝え、それについてムハンマドが何をやって何を言ったかを、踏まえて解釈し規範を導きだします。預言者ムハンマド伝に見られるような正統的な歴史解釈はイスラーム法学解釈の基礎の基礎です。


預言者ムハンマド伝(1)(イスラーム原典叢書)岩波書店

これを原型に、近・現代にも無数のムハンマド伝が、絵本とか映画などのあらゆる形で作られています。

アラビア語では、アラブ世界のどこでも、小さな本屋の店頭にも必ずと言っていいほど売っています。特にモスクの近くの本屋では確実ですね。

日本語訳は丹念に注をつけて、4巻本になっておりますし、高額です。部数が少ないからですね。英語ではもっと安く手に入ります。宣教用の英語訳も、様々なダイジェスト版も多く出版されていますので、今現在もアラブ世界の外でも標準的なムハンマド伝として読まれています

ジハードと聞いてイスラーム教徒が何を思い浮かべるか。第一にそれはまさにムハンマド自身が行ったジハードそのものの事績です。

第1巻はなかなかムハンマドが出てきませんが、大きくなって啓示を受けて宣教を始めるまで進みます。第2巻・3巻となるとこれはもうずっとジハードやってます。

もしかすると2・3巻は版元品切れかもしれないので、アマゾンや各書店の棚の在庫を買えるうちに買っておいたほうがいいかな。こういうものは永遠の古典なので長持ちします。

内容が日本の宗教認識や一般的に流布されたイスラーム認識をはるかに超越したものなので、文庫になるのも難しいと思います。一般的に言って、日本の通常の価値観からはかなり抵抗を乗り越えて読まなければならない部分を多く含みます。


預言者ムハンマド伝(2)(イスラーム原典叢書)岩波書店

第2巻、メディナへの移住(ヒジュラ)直後から。政治共同体の支配者側に立ち、異教徒とのジハードが始まる。


預言者ムハンマド伝(3)(イスラーム原典叢書)岩波書店

クライマックスは第3巻。異教徒と決裂し、徹底的な戦争へと進む。メッカの征服。その後の討伐戦。臨場感がある。ムハンマドは病で床につく寸前まで遠征の指示を出し続ける。

第4巻はイブン・イスハークによる原著にイブン・ヒシャームがつけた注釈と、訳者による注や解説です。これは勉強するには役立ちます。


預言者ムハンマド伝(4)(イスラーム原典叢書)岩波書店

イスラーム法学の政治・軍事に関する規定の入門書(1)

「イスラーム国」がジハードを掲げて異教徒を征服したり、奴隷化したり、殺害したり、世界各地で不信仰者を制圧したりする際に、明示的にイスラーム法的根拠を掲げる。イスラーム法は、イスラーム世界が世界のかなりの部分で支配者側の宗教であり、政治・軍事的に優位で、異教徒を権利の制限の下で従えていた時代に定式化されたものなので、現代の国際秩序の中で「復興」しようとすると、多大な摩擦と混乱、そして戦乱と流血を伴うことにならざるをえない。

イスラーム法はコーランとハディースを典拠に導き出した規範だが、見よう見まねでコーランの断片を読んでみてもイスラーム法の正統な導き方は学べない。1400年の歴史の中で、歴代のイスラーム法学者が議論を重ねて到達したコンセンサスがイスラーム法学の有力解釈であって、それを素人がにわか勉強で覆すのは不可能であると謙虚に思い知った方がいい。

ジハード主義者が掲げる、政治と軍事に関するイスラーム法の根拠について学びたければ、マーワルディーの『統治の諸規則』を読むといいだろう。イスラーム法の観点からの、政治と軍事、あるいはHisbaなどの道徳規範の国家と社会による執行(ある種の強制)の諸制度と根拠が定式化されている。これは権威的、標準的な理論書であり、決して「過激派」の解釈ではない。マーワルディーは、イブン・タイミーヤのような、より「過激派」に好まれる思想家よりもずっと、現存秩序の維持を志向した「体制派」である。


マーワルディー(湯川武訳)『統治の諸規則』慶應義塾大学出版会

まずはこの本を読んで、イスラーム法ではカリフ制や戦争や異教徒の扱いについてどのような規定がなされているのか、基本を知ってから、「イスラーム国」という問題について語っても遅くないと思う。

「イスラーム国」は、近代を通じて提起されてきた「イスラーム法の施行」の要求が実際に現実化した時に何が起こるか、社会実験のようなものである。

日本では1990年代後半から2000年代を通じて、「イスラーム復興」といった特殊な観念が研究業界を支配し、イスラーム法が施行されればイスラーム世界の問題はすべて解消するかのような、もし宗教的信仰に基づいている場合を除いては非常に特殊というしかない主張を前提にして、研究が行われた。学界の支配的な主張によって影響される世界史教育などでも混乱が増幅されている。しかし、それは人間が現実を認識する長い困難なプロセスの中での、一時的なブレとして許容していただきたい。イスラーム教やイスラーム世界を日本で受け止めるには、西洋近代を受け止めるのにかかったのと同じぐらいの時間や労力が本来ならいるのであり、そのほんの一部分しかまだ日本は投資していないのである。

日本や欧米の事情で考え出された「本来のイスラーム」についての万巻の書を読んでも、実際に規範性を持つイスラーム教の教義についてはほとんど何もわからない。それらは、日本や欧米で「イスラーム」について何が考えられ、言われているかを知るにはいいが、実際にイスラーム教の教義について手続きを踏んで考える時にどのように考えるかは、ほとんど教えてくれない。頑張って日本語の本を読んで勉強した人には申し訳ないが、日本では特にガラパゴス的な言論状況があり、日本人にとって心地いい形の「イスラーム」がありとあらゆる媒体に載っているため、体系的に誤解が生じていると言っても過言ではない。その誤解は日本人に好印象を与えるため、あるいは少なくとも悪印象を与えることは避けるためという「善意」に基づいているのかもしれないが、実際とは異なる解釈を体系的に刷り込まれると、現実に直面させられた時のショックが大きく、「脱洗脳」に時間がかかる。

コーランを素人考えてひねくり回して「イスラーム国はイスラーム的か」について論じるのは、下手な考え休むに・・・というのにも及ばないということは覚えておいて欲しい。

ただ、この翻訳に見られるように、より着実な研究においては、イスラーム法の政治・軍事に関する入門編は、すでに日本語で数十年前に提供されていた(本書が慶應義塾大学出版会から刊行されたのは2006年だが、遥か以前に学会誌に掲載されていた。本書の形で刊行にする際の翻訳改定には、私もわずかながら参画させていただいた)。その瞬間での「学界の流行」がいかにあてにならないものか、着実な研究が長期的にはいかに重要かを、思い知らされる。

【寄稿】『アジ研ワールド・トレンド』12月号にアジ研図書館について

アジア経済研究所の刊行する雑誌『アジ研ワールド・トレンド』12月号にエッセーを寄稿しました。

「アジ研図書館を使い倒す」の第35回に登場。

池内恵「偽OBが、夜陰に乗じて帰来する」『アジ研ワールド・トレンド』2015年12月号(第21巻第12号、通巻第242号、2015年11月15日発行)、54頁。

「偽OB」とは誰のことか?

賛助会員になっていると『アジ研ワールド・トレンド』の最新号が送付されますが、2ヶ月たつとウェブサイトでダウンロードできるようになります。過去の記事はここから。

地域研究の専門研究書が網羅されているアジ研図書館の使い方について。

趣向は読んでみた人にか分からない方がいいので、ここには書きませんが、文中でも記した「アジア経済研究所賛助会 個人利用会員」は、お勧めです。年会費1万円で、この「アジ研ワールド・トレンド」も毎号届きますし、毎年一冊アジ研の刊行物を選んでもらえる(買うと一冊3000円ぐらいします)。そして、世界に一つしかない地域研究専門の大規模図書館で、貸し出しまで可能になるのです(やる気があるとこれが一番大きな特典ですね)。

アジ研図書館にしかない本も多く、私も仕事で使うので、あんまり教えたくないですが・・・

【コメント】『産経新聞』(11月17日)へのコメント「過剰反応こそテロの狙い」

今日の産経新聞朝刊に掲載されたコメントがウェブにも掲載されています。

「『過剰反応こそテロの狙い』池内恵・東京大学准教授」『産経新聞』2015年11月17日朝刊

テロをめぐって今、「拡大」と「拡散」が起きている。中東では政治的な無秩序状態がいくつも生じ、「イスラム国」をはじめ、ジハード(聖戦)勢力が領域支配を拡大している。そして、そこを拠点にして世界に発信されるイデオロギーに感化され、テロを起こす人々が拡散していくメカニズムができてしまった。

自発的なテロに加わる人物の戦闘能力も上がっている。勧誘されるわけではなく、勝手に中東に赴き、実戦の中で学ぶ者が増えている。中東地域はその軍事訓練の場を提供している。(国際社会は)この混乱を治めなければならない。

ただ、軍事的に対処したり、政治的に追い詰めたりすると、短期的には、ジハード勢力が、自らを圧迫してくる勢力の社会を狙ってテロを起こす方向にいく。テロは基本的には防げないし、特に個人や小組織が自発的に行う分散型のテロは、摘発や予測が難しい。

こうした全体構造を理解し、テロが起きても騒ぎすぎないのが最も重要な対応だろう。動揺して過剰に反応し、各国の社会に不満を持つ勢力がテロを利用すれば、社会的な対立が生じていく。それがテロの効果であり、狙いであるからだ。

日本もテロの対象となり得るが、歴史的に欧米のキリスト教徒、ユダヤ教徒を敵だと認識しているジハード勢力にとって、優先順位は低い。しかし、欧米を中心としたサミットやオリンピックが開かれる際は、一時的に日本も危険になると考えた方がよい。(談)

【テレビ出演】「クローズアップ現代」(11月16日)での発言がNHKウェブサイトに

昨日出演した「NHKクローズアップ現代」の内容が、活字と静止画像でNHKのウェブサイトに掲載されました。

「NHKクローズアップ現代 No. 3733 緊急報告 パリ“同時テロ”の衝撃」2015年11月16日

私の発言も、詳細に確認してはいませんが、スタジオで生で発言した通りに文字起こしされているはずです。一部、「領域支配」と言ったはずが「領地支配」に変換されていたりします。そう聞こえるのかもしれませんが、そうは意図して発言していません。若干精度の荒い記録とお考えください。

いずれにせよ、このような文字起こしを公開し残しておくことは、信頼性のある報道番組であろうとするならば必須の条件と言っていいと思います。

発言時間は国やキャスターとのやりとりを含めて8分程度しかありませんので、事前の打ち合わせではもっと多くの論点を入れようと準備しましたが、実際にやってみると入らない部分もありました。

ただ、組織原理や戦略目標が変わったのではなく、従来のグローバル・ジハードの各地の分散型・自発的テロの多くの種類を組み合わせ、「冷酷さ」と手際良さにおいて「進化」したという論点はじっくり議論できたように思います。

何がこの「冷酷さ」をもたらしたかは、今後検討しなければなりませんが、渡航してイラクやシリアでの戦闘に関わったり、あるいはそこからもたらされる残酷な情報に触れることで、麻痺してしまったのかもしれません。

【寄稿】『毎日新聞』にパリ同時多発テロ事件に関して(11月15日)

『毎日新聞』の昨日(11月15日)の朝刊に寄稿しました。

現地時間13日深夜に起きたパリ同時多発テロ事件についての、新聞に載る最初のコメントの一つだったのと、この日出た各種の有識者のコメントで、イスラーム教の規範そのものへの言及やジハード主義によるテロの正当化についてはほとんど触れられていなかったことから、メディア関係者が解説を求めてコンタクトを取ってくることが多くありました。

ここに本文テキストを掲載しておいます。毎日新聞のウェブ版に掲載されています。

池内恵「個人が連携、『聖戦』拡散」『毎日新聞』朝刊、2015年11月15日

自爆を多用する手法や同時に多くの場所で作戦を実行する能力から、過激派組織「イスラム国」(IS)などグローバルなジハード(聖戦)のイデオロギーに感化された集団によるものである可能性が高い。ジハードはイスラム教への挑戦者を制圧する戦いとして尊ばれる理念である。イスラム教徒の全員が行っているわけではないが、否定することの難しい重要な教義だ。
ジハードを掲げる勢力はイスラム教の支配に挑戦する「西洋」を敵と捉えるが、政教分離を明確にするフランスは、宗教への挑戦のシンボルと認識されやすい。
また、フランスにはアラブ系のイスラム教徒が多いうえ、シリアやイラクへの空爆にも参加している。彼らが過激化する可能性があり、そのためフランスが標的になりやすくなる。
米軍がISへの攻勢を強める中で、現地に義勇兵として行くよりも、欧米社会を攻撃して対抗する方が有効と考える者が出てきてもおかしくない。今回の犯行は少なくとも六つの場所でほぼ同時に行われており、作戦能力の高まりが危惧される。
グローバル・ジハードの広がりには二つのメカニズムがある。地理的な拡大と理念への感化による拡散だ。イラクやシリアでは、ISなどが中央政府と特定の地域や宗派コミュニティーとの関係悪化につけ込む形で組織的に領域支配を拡大した。
しかし、領域支配ができない西欧諸国や比較的安定した中東諸国では、イデオロギーに感化された個人や小集団によるテロを拡散させて、社会に恐怖を与え、存在感を示そうとする。
地理的な拡大がうまくいかなくなると、理念を拡散させて広く支援者を募り状況を打開しようとするため、イラクやシリアの組織が軍事的に劣勢に立たされると、欧米などでテロによる支援の動きが出てきやすい。拡大と拡散をいわば振り子のように繰り返しながら広がっていく。
信仰心に基づいて個人が自発的に参加することが基本であるため、ISに共鳴する者たちは臨機応変にネットワークを作って作戦を実行する。組織的なつながりを事前に捉え、取り締まるのは難しい。
中東やアフリカから西欧への難民・移民が急増しているが、その中にISへの同調者などがテロを起こすことを目的に紛れ込んでいる可能性がある。もしそのような人物が犯人に含まれていた場合、西欧の難民・移民政策に決定的な影響を及ぼすかもしれない。

『イスラーム国の衝撃』がKindleで静かに売れている

『イスラーム国の衝撃』が再び売れだしているようです。アマゾンを見ると、紙のものは売り切れてしまっていて入荷待ち。順位は本全体で150位台で頭打ちに。文藝春秋にはあると思うけどどうなんだろう。

今度はKindle版が売れ始めている。17日午後5時半現在、現在、全体で15位に上がっている。電子書籍は在庫が切れないというのがいいね。

新たに増刷したわけでもないし、全体としてそんなに売れているわけでもないだろう。書店は新刊でなければ新書もほとんど置いていない。本を出しすぎているので書店の棚に本が置かれず、必要だと読者が思った時は一部のインターネット書店とKindleに注文が集中するのだろう。

今後は、積極的に特定の書店に置いてもらってSNSで通知するとか、これまでのシステムでうまくいっていない部分を補う、迂回するような方策を考えていこうと思う。


イスラーム国の衝撃 (文春新書)

「拡大」と「拡散」については第8章の217−219頁あたりをご覧になるといいかな。

「拡散」については2013年に一連の論文で詳細に書いた。この辺りのエントリにリストアップしてあります。

「2013年に書いた論文(イスラーム政治思想)」(2014年1月19日)
「【論文】「指導者なきジハード」の戦略と組織『戦略研究』14号」(2014年3月31日)

拡散の背後の思想・組織論については以下の二つの論文を。

池内恵「グローバル・ジハードの変容」『年報政治学』2013年第Ⅰ号、2013年6月、189-214頁
池内恵「一匹狼(ローン・ウルフ)型ジハードの思想・理論的背景」『警察学論集』第66巻第12号、2013年12月、88-115頁

早期に想定されていた「拡大」については、次の論文を。

池内恵「アル=カーイダの夢──2020年、世界カリフ国家構想」『外交』第23号、2014年1月、32-37頁

拡散を当面の最適な組織論と考えたスーリーなどの2000年台半ばの思想・理論では近い将来には無理と考えられていた地理的・面的な領域支配と聖域の獲得を、2014年に思いがけずも達成してしまい、「拡大」の方向に一時振れたが、2015年には再び拡散の方向に進んでいる。拡大と拡散の「振り子」的動きについては、今年の半ば以降の研究会・学会報告や講演でいつも話してきたことだが、論文を今まとめているところだ。もっと早く出したかったのだが、目の前に事例が増えていくので書き終えられなかった。アイデアだけさらっとどこかに出しておけばよかった。しかし到底時間がなかった。

「拡散」の際の分散型組織・自発的参加と動員のメカニズムは、以前の論文で書いたことから、それほど変わっていないと思う。しかし、イラクやシリアに聖域があり戦闘の場があることで、「拡散」も様相が変わってきているとは言える。武器の使用法や戦術、そして昨日の「クローズアップ現代」でもちょっと話した「冷酷さ」「手際良さ」の面でも、でも格段に進歩してしまっている。

【テレビ出演】NHK「クローズアップ現代」でパリのテロについて(今夜再放送があります)

忙しくて、また急だったので、通知すらできませんでしたが、NHK「クローズアップ現代」(午後7時30分〜7時56分)に出演しました。

「NHKクローズアップ現代No. 3733 緊急報告 パリ“同時テロ”の衝撃」2015年11月16日(月)

クロ現2015年11月16日パリ同時多発テロ1

再放送は今夜日付が変わって17日(火)午前1時00分〜1時26分です。

「拡大と拡散」について噛み砕いて話すことができました。元来が持続が困難な難民・移民政策の変更のきっかけ、言い訳となる可能性や、軍事行動による拠点の「拡大」阻止が、少なくとも短期的には「拡散」を促進する可能性についても話してあります。

今回が「組織的」であるかというと、これまでより高度になって、「冷酷さ」において進歩し(その原因が何なのかまでは語れませんでしたが)、手際が良くなったといった論点も入れておきました。

【テレビ出演】BS-TBS「週刊報道LIFE」でパリの同時多発テロ事件を解説

本日夜9時から、BS-TBSの日曜夜の報道番組「週刊報道LIFE」(9:00~9:54生放送)に出演する予定です。

BS-TBS週刊報道LIFE

テーマはパリの同時多発テロ事件とその影響について。

ウェブ上の番組案内ではこのように記されています。

「パリ同時多発テロを緊急特集。
120人以上が犠牲となった、これまでにない大規模なテロ。
イスラム過激派との関連は、そして今後の展開は…
気鋭のイスラム研究者、池内恵・東大准教授が
最新情報を交えてスタジオ生解説。」

急遽予定していた番組内容を差し替えてパリのテロ事件を特集するということですので、いろいろ考えたのですが、出先から戻って出演することにしました。

本当は、この週末は大きな文章仕事の山場だったのですが。しかしテロですでに邪魔されているので、もうこうなったら今しか調べられないことを調べて考えます。

テレビ出演は労力がかかって研究の進展には必ずしも助けにならないこともあるので、それほど頻繁には行っておりませんが、この番組の前身の「週刊BS-TBS報道部」には2月1日と3月22日に出演して、「イスラーム国」による人質殺害と、チュニジアのバルドー博物館のテロについて、それぞれ解説しました。

2月1日の出演については、このブログには出演情報が記されていないが、当時おそらくフェイスブックでは出演告知をしていたのかな。人質事件の情報分析であまりに忙しかったものですから。2月1日にBS-TBSで話した内容の一つがこれ。脅迫ビデオを見れば、「軍事か非軍事か」などということを「イスラーム国」側は問題にしていないことが明瞭だ、という話

この番組とのご縁は、『フォーサイト』(新潮社)がウェブになる前の月刊誌だった時代に連載「中東 危機の震源を読む」を設けてもらってお世話になった、堤信輔元編集長がコメンテーターになっているため。今回、堤さんも本来は出演予定ではなかった回ですが、急遽出てきてくださるそうです。

イスラーム世界では金曜日に物事が動きやすいのですが、日本では「土・日は堅苦しいニュースは見たくない」という一般聴衆の感情を慮って(なのか)、軒並みニュース番組は休みます。そのため、金曜日に起こったイスラーム世界の出来事についての土・日の報道が要領を得ず、月曜日にはもうニュースの旬としての時期が過ぎているので報じられない、ということを繰り返しています。24時間ニュース局ができれば問題は解決するのですが、需要がないのでしょうね。いつまでたっても日本のBBC は現れません。特に土・日は地上波ではニュース番組がほとんどなく、テレビを情報源としている人たちにとっては情報が途絶します。それに新聞休刊日が重なったりすると、要するにテレビ局も新聞も記者が休んで当直の人しかいない状態になるので、あらゆる意味で情報の流通が悪くなります。ワーク・ライフ・バランスは大切ですが、メディアの人ぐらいは土日に働いてもいいんじゃないの?と思いますが。ニュースは365日24時間全力で追いかけて発信する体制を作り、平日に交代で休めばいいじゃないですか。

その中で日曜日にまともにニュースを扱おうとする番組企画があると、ちょっと無理してでも出演してみようかな、という気になったりします。

【地図】パリ同時多発テロ事件の発生地点詳細

11月13日夜にパリで起きた同時多発テロについて、情報や有用なリンクを『フォーサイト』の「池内恵の中東通信」でまとめてあります(当面このコーナーは無料です)。

池内恵「パリの同時多発テロの攻撃の波はひとまず収まる」《池内恵の中東通信》『フォーサイト』2015年11月14日12:00

中東通信では文中に盛り込めなかった(リンクでは示してあります)地図を、ここに載せておきましょう。

ニューヨーク・タイムズ紙は早速、グーグル・マップ上にテロが行われた場所を示してしてくれています。

パリ同時多発テロ地図NYT

出典:“The Attacks in Paris: What Happened at Each Location,” The New York Times, November 13, 2015.

記事の中では、ストリート・ビューを駆使して幾つかの現場を特定しています。

パリは旅行で行かれた人も多いでしょう。観光客が歩いていて全くおかしくない中心部の主要な場所が狙われています。

フランスのメディアが出してくれる地図は、より詳細に場所を特定しています。Agence IDEというところが作ってくれたこの地図は、爆破や銃撃の行われた住所(通りの名)と死者数が記されていて、もっとも見やすいものと思います。

パリ同時多発テロ2015年11月13日地図IDE

【掲載】毎日新聞夕刊(11月11日)文化欄にインタビューが

昨日の毎日新聞夕刊にインタビューが掲載されました。

「毎日出版文化賞の人々 5 池内恵さん 特別賞『イスラーム国の衝撃』文春新書」

出版の経緯を面白おかしく語ったところ、真面目な感じで書いてくれました。

昨夜はいろいろあって、珍しく神保町の文壇バーなるところに連れて行かれまして、そこに来ていた毎日新聞の生活文化部の方々とも交歓しました。

そのことについてはまたどこかで書きましょう。

【寄稿】週刊エコノミストの読書日記、今回は西加奈子とナオコーラ・・・

締め切り忘れてしもた。

・・・なぜエセ関西弁になっているのか。忙しすぎてちょっと壊れてます。

それで今朝発売の、『週刊エコノミスト』の読書日記は、突如として小説を取り上げました。5週に一度の連載の締め切りをすっかり忘れて、朝になってから「今日の昼までに」と言われたので、こっそり逃避して読んでいた小説について小一時間ばかりでささっと書きました。芸は身を助く。逃避も時に。

時間あらへんし、「ロスジェネ小説を読む」とかてきとーなお題目立ててな、同世代からちょっと下ぐらいの作家の、山崎ナオコーラと西加奈子についてな、書いたんや。

池内恵「ロスジェネ小説に見つけた『中東引き揚げ者」の文学」『週刊エコノミスト』2015年11月17日号(11月9日発売)、57頁

雑誌の目次はこちらから。いつも通り、Kindle版等電子書籍には収録されていません)

西加奈子『サラバ!』は、ゆうたかて著者が「1977年テヘラン生まれ・カイロ育ち」やろ、「研究と関係ある!」と強弁できへんこともないんやが(そやけど大阪育ちやろ)、ナオコーラは説明つかへんな。

・・・関西人に不快感を与えるのでもうやめます。

そういえばこういう研究プロジェクトもやっているので、まんざら逃避でもないのです。書評も真面目に理屈で書いている。77年にテヘラン生まれで幼い頃にカイロに移るって言ったら背景に歴史上のあの出来事とかこの事件とかあるよねきっと、という話。

【寄稿】『文藝春秋オピニオン 2016年の論点100』に中東秩序について

寄稿しました。

池内恵「『アラブの春』から『新しい中世』でせめぎ合う新冷戦へ」『文藝春秋オピニオン 2016年の論点100』文藝春秋、2016年、38−41頁


文藝春秋オピニオン 2016年の論点100

Eブック、Kindleでも売っているようです。

書誌情報上は、2016年1月1日発行の年鑑ですが、実際には2015年11月6日に発売されています。

目次は文藝春秋ホームページから

なお、タイトルはこのようになっていますが、本文を見ますと、私は「新冷戦」になるとは書いていません。あくまでも編集部がつけたものです。そのような雰囲気が一部の論調の中にあるということは私は別の論考では何度か書いていますので、間違いというわけでもありませんが、私自身が「新冷戦へ」と論じるほどには確証を得ていません。

ここ数年連続して寄稿している『文藝春秋オピニオン』ですが、今年は冒頭の「2016年の15大問題」という分類で論点の6番目に入れてもらっていますから、地味な私の書きぶりでは物足りなかったのでしょう。「新しい中世」というキャッチフレーズも、私としては控えめに使っています。

「新冷戦へ?」と「?」が入っていると思って楽しんで読んでみてください。

なお、『文藝春秋オピニオン 〜〜年の日本の論点100』の年鑑には、2013年以来、連続して書いています。

毎年見ていると、中東に関する関心の移り変わり、日本全体の論調の変化もどことなく分かってきます。継続は力なり。なんだったらまとめ買いしてみてはいかがか。Kindle版だと去年や一昨年のものは500円や600円程度だったりします。しかも今なら250ポイントついて実質250円なようなので、2013−2015年版の3年分でも800円ちょっと。

各年の寄稿のタイトル・書誌データと、論点番号、分類項目を併せて挙げておきましょう。

池内恵「緊迫するシリア情勢が中東に何をもたらすのか」(論点36・海外情勢・「アラブの春」後の中東)『文藝春秋オピニオン 2013年の論点100』2013年1月、122ー123頁

池内恵「エジプトの混迷は日本にとって対岸の火事ではない」(論点48・海外情勢・出口の見えない中東)『文藝春秋オピニオン 2014年の論点100』2014年1月、158ー159頁

池内恵「『イスラーム国』とグローバル・ジハード」(論点70・国際情勢)『文藝春秋オピニオン 2015年の論点100』2015年1月、216-218頁

論点の番号を「ランキング」ととらえれば、36→48→70と低下していたところが、今年は→6と大幅アップでベストテン入りです。『イスラーム国の衝撃』効果でしょうか。

【テレビ出演】11月7日土曜日の昼に、テレビ東京「マネーの羅針盤」で選挙後のトルコを解説

出演情報です。

テレビ東京マネーの羅針盤

11月7日土曜日の昼12時5分から、テレビ東京「マネーの羅針盤」に出演予定です。テーマはトルコについて。(BSジャパンで午後2時5分から再放送があるようです)

番組予告によれば、

■特集コーナー「混迷する中東情勢のカギ握るトルコ」
トルコで1日、総選挙が行われ与党が単独で政権を担うことが確実となった。 政治空白が解消される期待から市場もその行方を注目している。 中東情勢が混迷極めるなか、カギとされるトルコの今後は?
ゲスト:東京大学准教授 池内恵氏

だそうです。

今は必死に論文を書いていないといけないのですが、トルコの選挙という節目であれば、どうせまとめておく必要もあるからと引き受けてしまいました。お待ちいただいている編集者・担当者の皆様、無駄にはなりませんので、ご容赦願います。

【受賞】『イスラーム国の衝撃』が第69回毎日出版文化賞・特別賞に決定

本日の毎日新聞朝刊の1面・25面で発表がありましたように、『イスラーム国の衝撃』(文藝春秋)が、第69回毎日出版文化賞の特別賞に選ばれました。

毎日出版文化賞は1947年設立の、伝統のある賞であり、その中でも「広く読者に支持され、出版文化の向上に貢献した出版物」に対して与えられる特別賞に選んでいただいたことを、嬉しく、また光栄に思っております。

『イスラーム国の衝撃』は、10年以上かけて取り組んできたテーマに関する、数年かかって発表してきた複数の論文に基づいているという意味で、十分に準備して書いた本であると同時に、日本の出版文化にもたらす意義を私なりに考えて、適切な時期に、適切な内容と形式を見計らって、上梓したものです。

特に、2015年1月に新書という形態で刊行するという決断が、後になってみると決定的に大きなものでした。

昨年10月ごろから、日本のメディア・出版界急激に高まった「イスラーム国」に関する関心に応え、市民社会の議論においてもっとも大きな効果を生むためには、関連書籍が市場に並ぶであろう2015年1月に刊行される必要がある。形態は、流通の速度と範囲が広い新書が最適であるという判断、およびその前提となる不可思議な予想が、昨年11月から12月にかけて、私の胸に急に湧き上がりました。普段は非常に堅実・着実・地味な私は、出版となると、突然にギャンブラーになることがあります。昨年の11月から12月は、たしかに、私の中の「出版魂」とも呼べるものが目覚め、最大限に活動した時期でした。

おそらく、出版に深く関わる家庭に育って「門前の小僧」として本が生み出され市場に出て反応を招いていく一連の過程を見ていた時代に始まり、学者としての独り立ちの過程でも、教養・文化を求める広い一般読者に支えられた日本の出版文化とその業界の方々に助けられ、機会を与えられてきた私が、それらの積み重ねの中で得てきた、出版の文化と市場、市民社会に関する「勘」が、この時期に、抑えがたく働き出したのだと思います。

また、この本は、国際問題に関する日本国内での議論の方法や担い手や質、新書という形態の書籍の役割やあり方についての、常々から私が感じていた疑念や問いかけや提案を、具体的に形にしたものでもあります。それらも含めて、私を育ててくれた出版文化への思い入れと感謝を踏まえた、苦言と提言を含む還元の試みでもあったと、内心自負しておりました。であるがゆえに、毎日出版文化賞・特別賞という、特段の栄誉を授けていただけるという僥倖を、いっそう噛み締めております。

説明不能な「勘」に基づく異例の刊行日程を受け入れてくださった文藝春秋の飯窪成幸さんの英断に敬意を表するとともに、質を保ちながら短時間で刊行にこぎつける綱渡りの作業を担ってくださった西泰志さんに、感謝いたします。この本は、幾つもの偶然と奇跡、そして編集者の着実な作業によって、世に出ました。

この本が発売されたまさにその当日の、2015年1月20日に、シリアで二人の日本人の人質を殺害すると脅迫する映像がインターネット上で公開されたことで、この本は学術・文化の分野の話題から、突如、政治・国際政治のニュースの一部となっていきました。この本が、国際問題に関する学術的な書籍としては異例の売れ行きを示し、広い範囲で話題に上り、手に取られ、読まれていく過程では、かけがえのない人命の喪失を伴う、外在的な事件の要因が影響を及ぼしたことは否定しがたい事実です。そのことから、この本が広く読まれ、受け入れられたということを、私は手放しで喜んではおりません。

しかし私としては、一人の観察者として、中東の、世界の、困難な現実を見届けて、考え続けていくこと以外にできることはありません。今後も、見出すべきことを見出し、伝えるべきことを伝えて、必要としている人がいる限り、文章を届けていきたいと思っています。

この本が広まっていく過程では、ブログやSNSといった新たなメディアが、本・活字メディアという成熟した既存の媒体を補完し、双方にとって有益な作用を互いに及ぼす仕組みも、示唆することができたかと思います。この問題に関心を持ち、情報を求め、議論に参加した無数の人たちの力によって、この本は何度も命を与えられていきました。皆様に感謝しております。

また、この本がそのような多くの人たちを結びつける結節点となったことを、嬉しく思っております。

本とは元来がそのようなものであったし、これからもそうあり続けるのではないか、という希望を新たにしました。

本当にありがとうございました。