『文藝春秋』って・・・

・・・「年配の人が読者層」というイメージがありますが、そして実際そうですが、それでも最近は、けっこう若い世代が将来を考えるのに役立つ情報や論点も載るようになってきていると思います。

若い人たちの将来を変えるには、この国を依然として動かしていて、本当は変わりたいんだけど変われなくて今いる場所にしがみついているオジサンたちの頭の中を、なんとかして変えていくのが、遠回りなようで、それでいて最も近道です。

20代で文章を書き始めたころに「君の文体年齢は60歳だね!」などと褒められ(?)てオジサマたちのメディアに受け入れてもらった私などが、ちょっとした橋渡しとなって、旧式の活字・印刷媒体に少しでも変化を起こせればいいなと思っています。

20年後の中東はどうなっている?(月刊『文藝春秋』2月号に寄稿しました)

最近出た文章を一つ紹介。メモ代わりに。

池内恵「米国なき後の中東に何が起こる」『文藝春秋』2014年2月号(第92巻第3号、1月10日発売)312-314頁。

「『20年後の日本』への50の質問」という特集の中の一本として寄稿しました。

実際には20年後を予測することなどできないので、これまでの20年ほどを振り返って、その延長線上に今後の20年はどうなるか、について考えてみました。

20年ちょっと前に起きた、中東の現在を方向づけた最も重要な出来事が、1991年の湾岸戦争。それと同時にソ連は崩壊し東側陣営がなくなっていました。それまでに世界を二分していた「東西冷戦構造」が消滅した。

特にロシアの大国としての地位が消滅したことで、とくに中東では米国一極覇権が確定。ペルシア湾岸(世界の原油輸出の多くを占める)やエジプト(東西貿易の要衝のスエズ運河を押さえる)に確固とした足場を築き、そこから「新世界秩序」の建設を謳ったのは、ブッシュといってもお父さんの方のジョージ・H・W・ブッシュ米大統領。

今の現役世代の多くは、湾岸戦争以後の米国の一極覇権の時代を当然のように生きてきた。日本は資源でも、資源や商品を運ぶための死活的な海路(シーレーン)でも、空気のように米国の覇権に依存していられた。

2013年に中東をめぐって起きた国際政治の変化は、こういった前提が揺らいでいることを感じさせました。2014年はもっとこれが明らかになるかもしれません。

20年後となると・・・・積み重なった変化が、より質的な変容をもたらすのか?あるいは米国が持ち直すのか。

私自身は、米国の軍事力や技術力やソフト・パワーなど、力の絶対量では、当分の間、依然として抜きん出ている状態が続くと思っているので、「米の衰退」を強く主張するのではなく、米国の覇権が「希薄化している」という表現で常々議論しています(それでも雑誌やテレビへのコメントをすると、編集側が「米の衰退」と見出しをつけてしまうのです)。つまり力はあるのだけどそれを実効性のある形で行使できない。

そこには2003年のイラク戦争に突き進み、フセイン政権そのものは簡単に打倒したものの、アラブ世界のイスラーム主義勢力の強硬派の勃興を招き、多くの血を流し、米国民がトラウマ(精神的な傷)を負った、というところが最も根本的な原因になっています。この傷が癒えない間は、米国の覇権は「希薄化」を続けるのだろうな、と思います。

そんなこんな、国際政治を議論する多くの人が感じていることを、中東を起点にシンプルに書いてみました。

ただし現実には、今後の20年の間には、ここで予想もしていなかったことが起こるでしょう。私には予知能力はありません。でも頭を絞って、今ある情報、見えてくるものから未来を予見しようと努力しないといけません。

センター入試初日

寒いですね。一年のうち一番寒い時期に行われるのが、大学入試。

国立大学の教員にとっても年中行事の、「入試試験監督」の業務が降ってくる時期です。考えてみれば、教員・研究者がほぼ全員、全国一斉に、同日同刻に、入試監督という単純作業に従事するというのは、私の知る限り日本だけです。

朝から日が暮れるまで、一心不乱に答案に取り組む受験生さんたちを見守りながら、こちらも「おしゃべりなどもってのほか、本を読んでもいけない、本当は座ってもいけない」と大学当局に言い渡されて、ひたすら足音を忍ばせて通路を歩き続ける。

でも、受験生たちは一生に今しかないこの時期を乗り越えて、大学に入ってきて、そしてあっという間に成長して、巣立っていく。

その過程を一年に一度ぐらい見守るのも、いい経験かな、と思うようになりました。

受験生の皆さん、近い将来に受験を控えている皆さん、頑張ってください。

そんなわけで、夜中になってから、先端研の研究室にやってきました。先端研は東大といっても、駒場Ⅱ(駒場リサーチキャンパス)という、大学院生以上しかいない研究所が集まっている別の敷地内にありますので、入試期間中も通常通り研究がすすめられています。(細かいことは言えませんが)入試業務に駆り出された先生方が三々五々駒場Ⅱに戻ってきて、研究室に灯かりがともっています。

頑張らないと。

【連載】もっと先を知りたい人へ『フォーサイト』

このブログでは、とにかく短く、なるべくなら一日一回、中東やイスラーム世界について気が付いたことを書いてみることにします。ですので、あくまで初心者向け、広く一般向けを目指しています。

専門家やメディア関係者、官庁や関連業界関係者など、もっと詳しく読みたい、と思われる方々は、有料ですが、ぜひ『フォーサイト』(新潮社)の中に設置したブログ「中東の部屋」と連載「中東 危機の震源を読む」を読んでみてください。中東やイスラーム世界で何か重大なことがあった時は、論文や大学の仕事の合間に、時間の許す限り、情報発信と解説をするようにしています。

特に、新聞休刊日の前の週末に中東で大きな政治変動が起きている場合などは、勝手に使命感を感じて、徹夜で何本もアップデートしたことがあります。

ブログ開設しました

ふと思い立ってブログを開設してみました。

20代後半の頃から、偶然の事件をきっかけに、中東政治やイスラーム思想について、あらゆる新聞や雑誌に寄稿させてもらいました。いろいろな媒体に依頼されるまま書いてきたので、書いたものが散らばってしまい、よほどの専門家・業界人でないと全部は読んでくれていないのではないかと思います。

このブログでは、これまでに書いてきたものについて少しずつまとめ直しながら、中東やイスラーム世界について今起こっていること、知っておくべきことを、なるべく分かりやすくお伝えしようと思います。

高校生や大学生ぐらいでも、ちょっとでも中東やイスラーム思想に興味を持った人に読んでもらえるように、とにかくわかりやすく、をめざします。

といっても、文章を書き始めたころ、50歳代ぐらいの編集者から、両手で握手されて「君の文体年齢は60歳だね!」と褒められた(←これ、私とその人の間では褒め言葉)、実年齢とずれた文体や感覚を持った書き手ですので、なおも分かりにくい時はご容赦ください。