【テレビ出演】6月13日の報道ステーションで放送された録画コメントの要録

6月13日のテレビ朝日報道ステーションで放映された録画インタビューの内容をかいつまんで採録。

番組ホームページの短い要約「イラク危機、イラン介入で泥沼化か」では、次の部分が採録されています。

〔前略〕シーア派世間打倒を目指す湾岸諸国から大量の資金提供を受けたISISは、今年に入ってからイラク制圧を本格化させた。アメリカの複数のメディアは、イランがすでにイラク国内に部隊を派遣し、ISISと戦闘中と報じている。東京大学先端科学技術研究センターの池内恵准教授は「イラクの主要な部分をISISとの内戦を勝ち抜くという形で制圧して、非常に幅広いイランの軍事的な影響力が及ぶエリアができる可能性がある」と話す。〔後略〕

*これ以外に、ISISの性質を「国際テロ組織」とすると、現在のイラクでは実態にそぐわない面がある。テロを重要な手段として用いているが、それだけでなく、イスラーム国家を設立しようとし、実際に領域の実効支配をしている点で質が異なる、という部分も使われていました。ただし「領域の実効支配」という部分は削られていました。

*イランと米国がマーリキー政権政権への支援で協調あるいは一致したりすると、サウジやクウェートやカタールなどシリアとイラクの過激派を2013年まで支援してきたアラブの湾岸産油国がむしろ米国から敵視されたりすると、中東政治の構図がすごい代わりますね、という部分も使われていました。

全般に「米覇権の衰退後の中東」という流れの中で報じているようです。昨年のエルサレムからの中継(エルサレムより中継で:テレビ朝日報道ステーションでのコメント)の流れと同じですね。

ISISの伸長(発端)→クルドが漁夫の利を得て領域拡大(展開)→ISISの支配は過酷すぎて長続きしない→イランがついにイラクに本格介入して影響圏拡大(大変動)という先の先の方の見通しを話したのですが、その部分がもっぱら使われたようでした。

テレビの録画コメントというものは、突然言われて、初対面の人にぼんやりと聞かれて話した内容のごく一部分をつなぎ合わせて、テレビ局側のストーリーの上に自在に盛り付けられるというものなので、私自身の正確な意図は、あくまでも書いたものの中にあります。

NHKクローズアップ現代「復活するアルカイダ」(4月24日)のテキスト

NHKクローズアップ現代「復活するアルカイダ~テロへ向かう世界の若者たち~」(4月24日)のテキストがホームページで公開されています。

見逃した方はどうぞ。

動画は6分のみ。

機械的なテキスト起こしで、私の校閲は経ていないので、「選択肢」が「選択し」になっていたり、「こういう」「そういう」といった普通は記録から削除するような合間のいらん合いの手(自分で自分への)がそのまましつこく記録されていますが、そこは無視してください。

【出演予告】4月24日(木)NHK『クローズアップ現代』で解説

テレビ出演情報です。
4月24日(木)のNHK『クローズアップ現代』(夜7:30~7:56;再放送、深夜0:10~0:36)で「広がる“新イスラム国家”の脅威 ~アルカイダの逆襲~」をテーマに、スタジオで解説を行います。

映像はNHKの独自取材や各国放送局のものが編集されると思いますが、私の解説の方は、このブログでも紹介した昨年度のいくつかの論文が基礎となります。【参考1】【参考2】

本日(1月24日)夜9時からのNHKニュースウオッチ9にコメント

本日(1月24日)午後9時からのNHKニュースウオッチ9の中で録画コメントが放映される予定です(収録済み)。テーマは「エジプト革命3年で」。

私は今日午後早めからオフ。東京近郊某所に引きこもり、締切ぎりぎりの論文にうなされながら息抜きをいたします。

エルサレムより中継で:テレビ朝日報道ステーションでのコメント(12月23日)

今日はセンター入試の関係で夜になってから研究室に行って作業をしていたのですが、そろそろ帰らないといけません。夜道はいっそう寒いでしょうし。

昨年末はエルサレムへ行ってテレビ出演、年初早々に今度は米国ニューオーリンズへ学会発表に行ったため、論文や事務作業が滞っています。圧縮された年末年始の休暇では、到底終わりませんでした。

エルサレムに行ったのは、テレビ朝日「報道ステーション」の12月23日の回に出演するため。エルサレムの旧市街の中心地「神殿の丘」の「嘆きの壁」を見下ろす絶好の場所から、日本へ向けて生中継でコメントしました。「アメリカの覇権衰退で秩序なき中東」とのタイトルで、コメントの映像がネット上に公開されているようです。

映像の中でも出てきますが、この前日にテレビ朝日のクルーと古館キャスターは、イスラエルが1967年以来占領しているゴラン高原とシリアとの境界線まで出かけていきました。私も可能なら行く予定だったのですが、ウイルス性の風邪でダウン。エルサレムのホテルで寝ていて、ひたすら出演の瞬間までに回復することを目指していました。

ただ、VTRで映ったシリアのゴラン高原についてのナレーションはちょっと・・・まるで砲撃で崩壊した建物が並ぶかのように報じていましたが、実際に画面に映っている、土台と柱だけの建物群は、アラブ諸国によくある(他の発展途上国にもよくあるでしょう)、作りかけのビル。

原子爆弾でも落とさない限り、いきなり建物が土台と柱だけにはなりませんよ。アサド政権は確かに民間人の居住区に大規模に砲撃を行っていますが、それと普通の建築現場を間違えてはいけません。

しかしこれも私が体調を崩して取材に同行できなかったせいかもしれないですね。