【寄稿】『アステイオン』にムハンマド皇太子とサウジ政治体制の世代交代について

長めの論考が『アステイオン』に掲載されました。

池内恵「夏の日の陰り––––サウジ皇太子の試練」『アステイオン』89号, 169-180頁, 2018年11月

テーマは「ムハンマド皇太子の権勢の陰り」。このテーマは、イスタンブールのサウジ総領事館でのサウジ人記者殺害事件の顛末が大々的に報じられた後は、ごく当たり前のものに見えるかもしれません。しかしこの論考を書いていたのは8月から9月にかけてです。

2015年から現在までひたすら「上り調子」だったムハンマド皇太子の様子がおかしい、というある種の「勘」に基づいた認識から、この夏はじっとムハンマド皇太子とサウジ政治の動向を観察しながら過ごしたのですが、その結果を秋口の段階で暫定的ながらまとめて記録に残しておこうとして、『アステイオン』への寄稿論文としてまとめていたのですが、なんども書き直しをして、やっと完成、校了寸前、というところになって、10月2日のジャマール・ハーショクジー氏の殺害事件が起こりました。

事件についても末尾の節を加えて言及はしてありますが、しかし校了は10月初頭でしたので、10月の半ばから後半にかけてトルコ・エルドアン大統領がこの事件の機会を捉えて行なった対サウジのメディア・キャンペーンや、それに対するサウジの拙い反応、米国の反応などについては、この論考では扱っていません。

今年前半、特に夏の間の観察に基づいて、ムハンマド皇太子の権勢に、「落日」とまではいかないにしても「陰り」が見られる、という観察結果をこの論考では示していたのですが、論考が出版されるまでの間にこれをあからさまに印象づける事件が発生し、論考の趣旨が間違っていなかったことが分かったのは良いのですが、現実の進展の早さに追い抜かれてしまった感があります。

とはいえ、事件によって急激に高まった関心に慌てて答えた論説・報道は中長期的にはそれほど頼れませんし参照されることもないでしょう。長期的な観察に基づいた分析を、その根拠から詳細・着実に『アステイオン』のような媒体に書き留めておくことで、やがてはサウジについての議論の礎となるのではないか、と期待しています。

ハーショクジー氏殺害事件がなぜ起きたのか、どのような文脈で発生したのか、関心のある方は、おそらくこれについて現時点で最もまとまった論考と思いますので、読んで見ていただけると良いと思います。事件が起こる前に書かれていますので、事件の衝撃に合わせて遡って過去を解釈しておらず、その意味でより信頼おけるものと思います。

論考ではイブン・ハルドゥーン『歴史序説』から、世代交代による王朝の盛衰についての箇所を抜き出して長めに引用していたりします。ご関心ある方はぜひ。

【論文】『宗教法』第37号に、メディアの変化がもたらすイスラーム法学解釈の多元化について

宗教法学会の学会誌『宗教法』に論文を寄稿しました。

池内恵「何が宗教過激主義をもたらすのか––––イスラーム法学の権威的解釈主体にメディアの変化が及ぼす影響」『宗教法』第37号(2018年11月10日発行), 51–60頁

この論文は昨年6月に宗教法学会で共通論題に依頼されて行なった講演(池内恵「何が宗教過激主義をもたらすのか――イスラーム法学解釈の権威の構造とその近現代における変化」第35回宗教法制研究会・第74回宗教法学会、青山学院大学、2017年6月10日開催)を活字化したものです。見たところはアイデアのみをさらっと書いたような文章ですが、実際には、論理的に詰めてみるとかなり厄介な作業でした。

送られてきた学会誌で真っ先に目を通したのは、西澤宗英先生の「ルクセンブルク大公国における政教関係」でした。学会の場で(あと確か私が会場に忘れ物をして、開催校の西澤先生のところに取りに伺った際に長時間立ち話した際にも)この論文とその基礎となる学会報告について詳細にお話を伺うことができましたので、それが論文になるのを待ち遠しく過ごしておりました。

この論文が詳細にまとめているのは、ルクセンブルクで各宗教の「教会」を団体として認定し、それぞれの団体が代表者を選出して国と協議する、国は各「教会」に対して財政支援を行うと共に、一定の規制の対象ともする一連の法制の歴史的、そして最新の展開です。

この法制の中で、ルクセンブルクでは近年にイスラーム教もまた、あたかも「教会」があってその信徒団体があるかのように認知され、代表者を選出するようになったという点が、大変興味深いものでした。もちろんこれはフランスのような共和制・政教分離原則があるところでは難しく、ルクセンブルクのような小国の伝統の延長線上でこそ可能になったこととは思います。ルクセンブルクのムスリムの出身国や構成要素なども、西欧の教会と同様の組織形成・代表者選定を可能にした条件として、詳しく見てみないといけません。いろいろとヒントになる論文でした。

こういった学会に呼ばれて、講演を聞き、自分も講演をし、懇親会やその後まで議論をしなければ決して知ることがなかった研究に触れることは、何よりの喜びです。

【寄稿】『中東協力センターニュース』10月号にロシアとイスラエルの関係について

『中東協力センターニュース』10月号に寄稿しました。

池内恵「ロシアのシリアへの浸透とイスラエルの安全保障」『中東協力センターニュース』2018年10月号, 9-14頁

今回の論考は、前回に続き「中東国際秩序の新展開」に取り組んでおり、特にその中で「地域大国間の関係の重要性の高まり」を扱っています。そこで従来はアラブ諸国が主導する中東政治においてその存在の正当性を完全には認められてこなかったイスラエルがこれまでになく存在感を高めていること、そして冷戦後は中東国際政治からほぼ姿を消していたロシアが事実上の域内の大国、あるいは隣接地域から大きな影響を及ぼす超大国に準ずる存在として台頭している点に着目し、両国間の関係の最新の動向を分析しています。

この論考では、9月17日に起きたロシア空軍イリューシン20型機がシリア軍の防空システムS-200によって撃墜された事件を契機に、ロシアがS-300をシリア軍に供与すると発表し、実際に配備したと公表したことを取り上げ、それがイスラエルの安全保障の制約になる可能性、それが今後のイスラエルの行動に及ぼしうる影響について考察しています。

末尾では、このロシア機撃墜事件とシリア軍への防空システム供与をレバレッジとして用いたロシアが、イスラエルに対してイランへの歩み寄りを促す仲介を試みている点を指摘しておきました。

10月19日にはイスラエルの『タイムス・オブ・イスラエル』紙がロシアがシリア軍に改良型のS-300を供与しており、イスラエル軍のシリアにおける制空権に制約が課されている可能性を報じています。10月24日に同紙はロシアがイスラエルにシリアへの攻撃に際して一掃の情報共有を行うよう要求していると伝え、翌日にはイスラエルのアヴィグドール・リーベルマン防衛相がロシアの圧力を拒否する旨を発言したと報じるなど、ロシア・イスラエル関係は注目の度を増しています。

10月24日にはイスラエルの『ハアレツ』紙が、衛星情報分析企業の分析を元に、ロシアによるシリア軍へのS-300配備の状況を伝えています。

10月26日にイスラエルのネタニヤフ首相は、国交のないオマーンに電撃訪問を行いましたが、これがロシアのシリアでの軍事プレゼンスの拡大や、イランのシリアへの拠点形成がもたらすイスラエルの安全保障環境の悪化という条件の変化、そしてそれを前提にロシアがイスラエルに促しているとされるイランとの接近と、どのように関係するのかが興味深いところです。

【寄稿】『中東協力センターニュース』7月号に中東国際秩序の新展開について

ブログでの報告が遅れていました。『中東協力センターニュース』への寄稿について2回分続けて掲載します。

『中東協力センターニュース』7月号に、中東国際秩序の再編に関する理論的な考察を寄稿しました。

池内恵「『中東』概念の変容  中国・インドの台頭と『西アジア』の復活?」『中東協力センターニュース』2018年7月号, 13-20頁

『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』『シーア派とスンニ派』(いずれも新潮選書)で過去100年の中東秩序を振り返りその再編過程について議論していますが、それらに続く最新の議論の進展を、『中東協力センターニュース』への連載寄稿ではリアルタイムにお見せしています。

この連載寄稿は、本や論文になる前の予備的考察という性質があり、ある意味でもっとも最先端の部分の模索の一部分をお見せしていることがあります。

前回4月号の寄稿「ムハンマド皇太子と『1979年以前のサウジアラビア』」では、ムハンマド皇太子による「改革」の根拠の不確かさ、それを欧米向けにPRする動き、中でもニューヨーク・タイムズ紙のコラムニストトマス・フリードマン氏が果たす役割、そしてそれを批判する、サウジ人ジャーナリストで事実上亡命しワシントン・ポスト紙のコラムニストになっていたジャマール・ハーショクジー(カショギ)氏による批判を紹介しました。10月2日に発生したイスタンブールのサウジ総領事館でのハーショクジー氏の殺害事件は、まさにここから重大な政治問題が生じ、中東国際政治の新展開のきっかけとなりました。

【寄稿】『国際問題』巻頭に「宗教と国際政治」について

『国際問題』に、巻頭エッセイを寄稿しました。今号の特集は「宗教と国際政治」で、エッセイのタイトルもそのまま「宗教と国際政治」として、研究動向の大きな流れを描きました。

池内恵「宗教と国際政治『国際問題』第675号, 日本国際問題研究所, 2018年10月, pp. 1-5.

論文へのダイレクトリンク
来月に次号が出るまでは、日本国際問題研究所の非会員でも無料でダウンロードと印刷が可能です。その後も閲覧のみは可能です。

【論文】『社会思想史研究』に冷戦後国際秩序に関する思想史と中東について

論文が刊行されました。

池内恵「冷戦後の社会思想史における「アラブ世界のイスラーム教」という問題」『社会思想史研究』No. 42, 藤原書店, 2018年9月, 9-19頁

昨年、学会の基調講演的なものを多く行ったため、今年度はそれらを論文にして学会誌に掲載していく作業を延々と続けています。

先ほど別のエントリにも記しましたが、時間がなくてブログを書けない時も、主要論文は固定ページの「論文」欄に厳選して掲載しています。

【インタビュー】朝日新聞GLOBE+に中東情勢の全体状況について

少し遅くなりましたが、インタビューの掲載情報です。

「各国の言い分を「宣伝戦」と引いた眼で見る 池内恵氏の「中東を読むヒント」」朝日新聞GLOBE+, 2018年9月14日

GLOBE+は朝日新聞の日曜日に挟み込まれている国際情報誌GLOBEのウェブ版という位置づけです。

【更新中】主要論文は固定ページの「論文」欄に

ここのところブログの更新が途絶えていました。公的にも私的にもさまざまなことが重なって積もっており、整理しないといけないことが多く、なかなか時間が取れません。

ですが、主要論文については、固定ページの「論文」のところに書き込んでいっています。2017年度は様々な学会の基調講演的なものを行ったので、その成果を論文化する作業を2018年度は行っており、それらが順に活字になって手元に届きます(非会員だと送ってくれない学会もありますが)。今年度中にあと三つか4つほどこの欄に項目が増えそうです。

ここのところの活動について近くまとめてアップしたいと思います。

【寄稿】新潮選書のフェアのパンフレットにエッセーを

5月25日に、新潮選書『シーア派とスンニ派』が発売されます。都内の早いところでは23日から書店に置かれるそうです。

ちょうど「新潮選書ベストセレクション2018」のフェアが各地の書店で開催されていまして、前作『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』もベストセレクションのリストに入っております。

これに合わせて、書店に配布される新潮選書のパンフレットにエッセーを寄稿しました。担当編集者によるインタビューの形です。このパンフレットは新潮社のPR誌『波』の6月号にも挟み込まれると思います。

池内恵「やわらかい頭で中東を知りたい人に」『新潮選書ベストセレクション2018』2018年5月(1−4頁)。

編集者とのQ&Aのスタイルで、この本の意図や、「中東ブックレット」のシリーズとしての目標、また中東情勢分析の基本ツールや、SNSによる情報収拾や読者とのコミュニケーションなどについて、かなり長く語っています(実際には編集者と書面でやりとりしましたが。本そのものを書くので忙しくて時間がなかったものですから)。『フォーサイト』での連載以来、私の担当をしてくださっていて、日々のFacebookやTwitterでの活動などもウォッチしておられる編集者ですので、的確な設問で、隙間時間にあっという間に、語るようにかけました。

なおこの新潮選書のパンフレットは、挟み込まれる『波』本体と比べてもなかなか質が高いものです。新潮選書の今月の新刊、牧野邦昭『経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く』については、猪木武徳先生と筒井清忠先生がエッセーを寄せています(猪木武徳「『ゆがめられた通説』に挑む」、筒井清忠「エリートは『暗愚』だったか」)。

この著者の前作も読んだことがあります(こちらは中公叢書)。こちらも「秋丸機関」をめぐるものです。

「秋丸機関」の戦時経済分析については一部でよく知られていますが、「正しい分析をした経済学者」「都合の悪いものだったから軍部が焼却した」という勧善懲悪的な構図で論じられがちです。

しかし猪木先生と筒井先生のエッセーをも読むと、牧野先生の新刊は、その通説を問い直して、開戦に踏み切った判断の作られ方について新たな説を打ち出したものであるようで、大いに楽しみです。

***

ちょうど2年前の2016年5月に『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』を出版した時も、ベストセレクションのパンフレットに書かせてもらいました。また、昨年9月には新潮選書の創立50周年を記念して『波』に選書について寄稿しています。

『シーア派とスンニ派』で、「中東ブックレット」がシリーズ化されたことになります。このフォーマットを使って、選書という媒体を用いた出版と情報発信の可能性を追求してみたいと思います。

【寄稿】『ブリタニカ国際年鑑』の「イスラム教」の項目を本年も

『ブリタニカ国際年鑑』の「宗教」の項目の中の「イスラム教」を、今年も執筆しました。

池内恵「イスラム教」『ブリタニカ国際年鑑』2018年版、2018年4月, 210−211頁.

『ブリタニカ国際年鑑』のこの欄を執筆するのは、今年で5年目。今年は、次の3点を重要事項として選定しました。

「イスラム国支配の終焉と小規模テロの拡散」
「トランプ政権のムスリム入国禁止と法廷闘争」
「啓蒙専制君主による改革の呼号」

ちなみに、過去4年間には次の事項を選んできました。

2017年版
「グローバル・ジハード現象の拡散」
「反イスラム感情とトランプ当選」
「イスラム教は例外か」

2016年版
「『イスラム国』による日本人人質殺害事件」
「グローバル・ジハードの理念に呼応したテロの拡散」
「イスラム教とテロとの関係」

2015年版
「『イスラム国』による領域支配」
「ローンウルフ型テロの続発」
「日本人イスラム国渡航計画事件」

2014年版
「アルジェリア人質事件」
「ボストン・マラソン爆破テロ事件」
「『開放された戦線』の拡大」

【論文】『政治思想研究』に米国のイスラーム認識・言説の変化について

政治思想学会の学会誌『政治思想研究』に論文が掲載されました。

池内恵「米国オバマ政権末期におけるイスラーム認識の新潮流──「イスラーム国」の衝撃を受けて」政治思想学会編『政治思想研究』第18号(2018年5月)71−106頁

目次はここから

【アマゾン『政治思想における「保守」の再検討 (政治思想研究第18号)』

【寄稿】『中東協力センターニュース』に「1979年以前のサウジアラビア」にまつわる言説について

『中東協力センターニュース』4月号に、近年に高まる「1979年以前のサウジアラビア」という政治言説について、分析を寄稿しました。

池内恵「ムハンマド皇太子と『1979年以前のサウジアラビア』」『中東協力センターニュース』2018年4月号,  28 −41頁

近年に、サウジアラビアをめぐる言説の中で、支配的な要素となりつつあるのが、「1979年以前のサウジアラビアは、宗教的に寛容で、女性も社会参加をしていた」という言説です。

これは研究史から見て全く無根拠とは言えないのですが、かなり意図的に歴史認識を変更しています。国際テロリズムとジハードの関係、その背後の国家の支援や社会の規範に関する限り、「歴史修正主義」とすらなりかねないものです。

この言説が世界の言説空間に広まったのは、サウジのムハンマド皇太子がこれを用いたからですが、それをニューヨーク・タイムズ紙のトマス・フリードマンがどのように「援護」したか、代表的な論説を特定して、その言説を分析しました。

 

【寄稿】『中東レビュー』にエルサレム問題について

アジア経済研究所の研究雑誌『中東レビュー』に、米中東政策についての分析が掲載されました。3月末にウェブにアップロードされました『中東レビュー』第5号の、「政治経済レポート」の中に収録されています。エルサレム問題について、2017年末から2018年初にかけての段階で、少し踏み込んだ分析をまとめておきました。

池内恵「トランプ大統領のエルサレム首都認定宣言の言説分析」『中東レビュー』Vol. 5, 2018年3月, 6-12頁 【雑誌全体を無料でダウンロードできます

『中東レビュー』には編集に助言しながら、なるべく欠かさず投稿し、地域研究と国際政治の手法・知見を踏まえて現状をたゆまず観察し、かつ日々の短期的な動きに追いまくられることなく1年ぐらいのタイムスパンで対象を分析し、論文として育てようとしています。

【寄稿】東大出版会の『UP』3月号に、「シーア派とスンニ派」および宗派主義の政治について

寄稿しました。

池内恵「中東の紛争は『シーア派とスンニ派の対立』なのか? 宗派主義という課題」『UP』第47巻第3号・通巻545号、東京大学出版会、2018年3月、40−46頁

「中東問題はシーア派とスンニ派の宗派対立である」と、よく言われますが、それは本当なのか。どの部分で本当で、どの部分では本当ではないのか。イラク戦争後のイラク新体制をめぐる紛争と、「アラブの春」後の中東諸国の混乱で、「シーア派とスンニ派の対立」「宗派対立」といった言葉は人口に膾炙するようになりましたが、実態はどうなのか。より適切な分析概念は何なのか。考察しました。

これは次に出る私の本の主題でもあります。

また、この論考は、「文献案内」として、大学の授業などで中東の近年の政治について考えていく際の、副読本のように用いることができるように工夫してあります。「アラブの春」後の政治変動をめぐる文献を、(1)大規模デモによる社会からの異議申し立ての原因や効果、(2)統治する側に回ったイスラーム主義勢力、(3)政軍関係、(4)国際的介入、などに分類して紹介した上で、近年の動向として、(5)宗派主義論の研究が多く現れていることを示してあります。中東について、最新の研究動向を追いながら現実を見ていくようなタイプの授業の、副読本、文献案内となるように考えて書いた論考です。

大学が変化していく中で、必ずしも各教員が自分の専門分野そのものだけを教えるのではなく、変化するニーズに応えて授業をしていくという傾向がある中で、中東現代政治を、大学の教養課程で、今では容易に手に入る英語文献に取り組みながら、勉強していけるための道しるべとして書いてみました。

【寄稿】『季刊アラブ』に、アラブ政治の「啓蒙専制君主」へのトレンドについて

日本アラブ協会が発行する『季刊アラブ』の新年号の巻頭に寄稿しました。特集「2018 中東情勢を読む」の一部です。

池内恵「『啓蒙専制君主』の時代に『イスラーム国』消滅後の中東」『季刊アラブ』2018年冬号, No. 162, 2−4頁

エジプトのスィースィー大統領やサウジアラビアのムハンマド皇太子が、独裁的な統治手法を用いるのと同時に、宗教面での自由化や改革を唱導する趨勢について、それがアラブ世界の政治社会と規範理念の根本的な変化をもたらすのか否か、検討するための歴史・思想的枠組みについて考えてみました。この問題は引き続き要検討、といったところです。アラブ諸国の現実を見る際に一つの検討要素として欠かせないところと思います。